スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2005 春の庭 3
引き続き、門の内側です。

ドウダンツツジの足元花壇 5月3日050503-02.jpg

パンジー ナチュレブルー、クリーピングビオラ ビオレット ニーベ、マーガレットの組み合わせです。

西側サークルへのアプローチ 5月3日
050503-0013.jpg

パンジー、アリッサム、ホリホックの組み合わせで。

シマトネリコ足元花壇 5月3日
050503-0008.jpg

ここは、宿根草の花壇です。
コンボルブルス、コバノランタナ、ドイツスズラン、サルビア セミアトラータ、ベロニカ等が植えてあります。

ところで、落葉樹の足元は、夏は涼しく冬は日当たりがよいので、いろいろな植物を植えるのに適した場所って、よく本などに書いてありませんか?
でも、そのまま植えようとすると、木の根っこがあるので、盛り土をして花壇を作っていたのですが、木にとって根元への盛り土は最悪、場合によっては枯れてしまうそうです。
植木屋さんに、「木が窒息しちゃうからやめて~。」と言われて、ガ~ン。
みんなどうやって花を植えているんだろう…?

とりあえず一年草が植えてあったところは、春の花の整理をした際に、多少土をどかしたのですが、シマトネリコの足元は、特に高く盛り土をしているし、宿根草が植わっているのでそのままです。
今のところ元気なシマトネリコ。
このまま元気でいてね。。。
スポンサーサイト
【2005/07/05 23:45】 | お庭散策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<夏の花 1 | ホーム | ムクゲ 1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cashew.blog13.fc2.com/tb.php/89-1d603899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。