スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
4月26日の我家のバラ 1
いよいよバラのシーズンの幕開けですね。
我家のバラの蕾もかなり膨らんできました。
花が咲く前の様子を一通りご紹介いたします。

ヘリテージ(イングリッシュローズ)
20060426_027.jpg

トゲが少なく、病気にも比較的強いので初心者向け・・・という本の解説に背中を押されて、去年初めて購入したERです。
花付き抜群で、形の良い蕾から綺麗に花びらが開いて、初心者でも整った花を楽しむことが出来ました。
カップ咲きから外側の花弁が開くカップ&ソーサー形になります。
ただ、花もちは悪いため、切花には向きません。

アルンウイック・キャッスル(イングリッシュローズ)
20060426_021.jpg

ネットで見かけて一目ぼれしたアルンちゃん。
私の心をがっちり捕らえた巻き巻きさんです。(^^)
冬に大苗をお迎えしたので、この春が初開花です。
既に購入した時の4倍ぐらい新枝が伸びているので、挿し木がたくさん出来そうだなあと、今からワクワクしています。

ジェフ・ハミルトン(イングリッシュローズ)
20060426_019.jpg

こちらも、アルンちゃんと一緒に購入しました。
これまた似たようなカップ咲きの巻き巻きさんです。
同じような花ばかり買わなくても・・・と思わないでもないのですが、好きなものは好きなんだから突っ走っちゃえ!!と思い、買っちゃいました。(^^;

志野(フロリバンダ)
20060426_014.jpg

去年瀕死の状態で我家にやってきた志野。
去年に比べると株が充実しているので、今年はかなり期待しています。
シルバー、ラベンダー、ホワイトピンクと季節によって花色が変化するのがなんとも味わい深いんです。
花の形は剣弁高芯咲きです。
コンパクトなので、鉢栽培に適するがまとまりはやや悪い・・・と本にありましたが、なるほど、姿は早くも少々暴れ気味です。

サンマーモルゲン(グランドカバーローズ)
20060426_035.jpg

トゲが多く扱いにくいものの、病気知らずで花付きもよいです。
枝が横に伸びるので、つるバラっぽい雰囲気があります。
冬の植え替え時に鉢の中から多数の根きり虫が出てきまして、寂しくなってしまった根っこに不安な気持ちでいっぱいだったのですが、この子はやっぱりタフでした。(^^)

ブルー・ヘブン(フロリバンダ)
20060426_001.jpg

先日ふらりと立ち寄ったホームセンターで出会ってしまいました。
青みを帯びたシルバーの花色に前から興味があったのですが、いつも苗の状態があまりよくなかったので買えずにいたんです。
でも、この子は元気な様子。
即決で買っちゃいました。
家に帰って本で調べると、病気に弱く、初心者向きではないとのこと。
なるほど、それでいつも売っている苗がうどん粉病にかかっていたのね。
思いっきり初心者なのに、難しい子に手を出してしまいましたが、特に気にかけて育ててみようと思います。

ミスティ・パープル(フロリバンダ)
20060426_005.jpg

ブルー・ヘブンと並んで売っていました。
この子もいい苗だったのよね~。
名前も神秘的で、買っちゃうでしょう、やっぱり。(笑)
ブルー・ヘブンよりは育てやすそうですが、決して丈夫ではなさそうです。
また、株もまとまりにくいようで、今もあまり姿は良くないのですが、気にしない、気にしない。。。

志野を含めてブルー系はデリケートのようなので、軒下で雨に当てないようにVIP待遇かな~。
スポンサーサイト

テーマ:バラが好き。。。 - ジャンル:趣味・実用

【2006/04/27 22:55】 | バラ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
球根植物、色々。
20060318_059.jpg

アネモネです。
今年、ムクゲを超大鉢に植えたのですが、春は枯れ枝のみで寂しいので、隅に色々な球根植物を植えまして、そのうちのひとつです。
中心に薄く入った紫が神秘的です。

20060415_192.jpg

この子はコニファーガーデンに植えっぱなしのアネモネ。
いつもコニファーの陰に隠れて小さくなっていましたが、今年はコニファーを少し抜いて空間にゆとりを持たせたので、お花が目立つようになりました。

20060318_064.jpg

これは植えっぱなしの2年目のヒヤシンスですが、これってほんとにヒヤシンス???
去年は花の重みで頭が地面につきそうだったのに、今年はやたら軽やかなんですけど。。。(ーー;

20060401_117.jpg

ってな訳で比べてみました。
右が植えっぱなし2年目の子。
左が今年球根を購入して植えた子。
あまりの違いに愕然。。。
うちの子は栄養不足もいいところ?
ヒヤシンスは植えっぱなしでもいいとありましたが、翌年も綺麗な花を咲かせるためには、それなりの管理が必要なようです。
くう~、来年こそは・・・。

20060415_233.jpg

こちらは2年目の水仙、サーウィンストンチャーチルです。
水仙はヒヤシンスと違って、変わらぬ花をつけてくれますね。
香りがとってもいい種類です。

20060415_059.jpg

この子は八重咲き水仙のアクロポリス。
大きめの花がゴージャスです。

20060401_072.jpg

こちらはブルーのミニチューリップ。
今年の目玉です。
通販でいいなあ・・・、でも高いなあ・・・と思っていたら、近所のホームセンターで安く売っていたので、チャレンジしたものの、ちゃんと咲くのか不安がありました。
と言いますのも、去年花友達のともぞうさんが通販で購入したところ、まったく違うオレンジの花が咲いたんですよ。
わりと信用のおける通販でそれだったので、お値段も割安のホームセンターで大丈夫かしらと・・・。(^^;

しか~し、私の心配を知ってか知らずかちゃんとブルーの花が咲いてくれました。
疑ってゴメンナサイ。(苦笑)
それは良かったのですが、朝仕事に出かける前は閉じていて、夜帰ってくるころも閉じていて、休みにやっと顔を見たときには、散る寸前でした。
とほほ。。。

20060415_350.jpg

この子は植えっぱなし2年目の原種系チューリップ、ライラックワンダーです。
原種系はやっぱり丈夫でして、植えっぱなしでも腐ることなく咲いてくれました。
ただ、草丈10センチとラベルにはありましたが、30センチぐらいに成長しました。。。

20060415_241.jpg

最後はイエイオン。和名ハナニラです。
うちの近所にこのハナニラが群生している家があって、すごく綺麗なのでかなり期待しつつ、去年植えました。
でも、芽は出たもののついに花が咲かなかったんです。
なんで~??
丈夫でジャンジャン増えるはずなんだけどなあ。。。
今年はどんなもんだろうと思っていたら、まったく増えていないものの、とりあえず花は咲きました。
植えた場所があっていないんでしょうか・・・?

テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

【2006/04/22 23:24】 | お庭散策 | トラックバック(1) | コメント(8) | page top↑
2006 春の庭 2
ご無沙汰しております。
亀よりも遅い更新でスミマセン。(^^;
おかげさまでたまっていた仕事もおおむね片付き、残業体制から脱出しました。
気温の上昇とともに、毎朝の水遣りが欠かせなくなってきたため、早朝の作業が忙しくなってきましたが、こちらは忙しいのが楽しいってところでしょうか。(^^)

さて、今回は門の外側を中心にご紹介いたします。
写真は4月15日に撮っています。

20060415_120.jpg

こちらは門の右(東)側です。
寄せ植えはあまり作るつもりがなかったのですが、苗が余ったので大鉢に植え込みをして、ここに集めました。
あると華やかですが、毎朝の水遣りは欠かせません。

20060415_102.jpg

こちらは門の左(西)側です。
寂しかったハンキングも何とか花で覆われました。
チューリップは、ビオラと寄せ植えすると、大きな葉がビオラを隠してしまうので、今年は単独でプランターに植えました。

20060415_129.jpg

門の外側の東花壇です。
小さいシルバーレース(白妙菊)を秋に強引に植え込みましたが、順調に大きくなり、ワサワサと茂っています。
やわらかいシルバーグリーンとビオラは相性抜群ですよね。(^^)

20060415_284.jpg

ここは駐車場の後ろの花壇です。
風当たりが弱いため、マーガレットが大きくなり、蕾がたくさんついています。
これから初夏まで楽しませてくれそうです。

20060415_024.jpg

門の内側に入ります。
上の写真の奥にあたるウッドデッキ南側の花壇です。
東側から西側に向かっての写真です。

20060415_183.jpg

同じ場所を反対側から。

20060415_264.jpg

上の写真の小道をはさんだ反対側(門側)です。
ドウダンツツジが咲き出しました。
ベルのような小花がたくさん咲いて、可愛いんですよ。

20060415_175.jpg

ドウダンツツジの足元花壇をアップで。
秋からずっと咲き続けているストック、本当に優秀です。
ムスカリのブルーが加わって、春らしく変化しました。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2006/04/21 01:47】 | お庭散策 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
2006 春の庭 1
4月、我家の花壇が最も美しい季節。
でも、残念なことに仕事も一年で一番忙しいのよね。。。(^^;
残業に追われ、ゆっくり花を愛でることも叶わず、お手入れもままならぬうちに、早くも徒長気味の花達。
ああ、花の命は短いものです。。。

4月1日に写真は撮ったのですが、なかなか記事がUP出来ないまま月日が流れてしまいました。、
ここで新しい写真を撮ってから・・・なんて欲張ると、ますます記事が遅くなってしまいそうなので、とりあえずUPします。
皆さんのところにも全然遊びに行けずにごめんなさい。
残業体制から脱出できたら、また遊びに行きますね!

20060401_031.jpg

しばらく前まで、葉ばかりがワサワサと伸びて、じゃまくさい感じだったムスカリ。
まとめて植えすぎたかなあ・・・と思っていましたが、花が咲いてみるとこれぐらい群生していた方が綺麗だなあなんて思ってしまいました。
現在、ヒヤシンスの花は終わってしまいましたが、ムスカリはもうしばらく楽しめそうです。

20060401_096.jpg

上の写真の反対側から撮りました。
水仙とムスカリも、定番の組み合わせではありますが、お互いを引き立てあっていい感じですね。

20060401_032.jpg

20060401_097.jpg

こちらも同じ場所を、両側から写真を撮って見ました。
今までは株間を空けすぎて寂しい感じだったので、今年はこれでもかと言うぐらいに密植してみました。
蒸れやすくはなりますが、あまり隙間がないほうが、豪華な感じがしますね。

20060401_106.jpg

ビオラも、葉に埋もれていた花がだいぶ目立つようになってきました。
でも、現在早くも徒長気味。
暖かくなるとすぐに伸びすぎちゃうのがたまにキズですね。

20060401_120.jpg

リナリアはだいぶ咲き進みました。
ナデシコがボチボチ開花しそうです。
ここは例年チューリップなどの背の高い植物が強風にやられて倒れていましたが、今年はボーダーガーデンをあきらめたおかげで、強風にもまけず、形を保っています。
とにかくうちの庭の風当たりは半端じゃないんです。
今年は特に春の嵐が台風のようでして、背の低い植物でまとめてよかったと胸をなでおろしております。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2006/04/10 22:16】 | お庭散策 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。